脱毛の大敵は日焼け

最近は性別年齢問わず、脱毛をしている人が多いです。自身の他者から見えない身体部分での清潔感もありますが、他人からの主観的な見た目の清潔感もあります。脱毛によって得られた綺麗な肌を保つには日焼けはご法度です。せっかくの清潔感も肌がボロボロでは台無しになってしまいます。ここでは、この日焼けについてお伝えいたします。

■では日焼けが脱毛にどう影響するの?
施術前の日焼けは、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛では反応しない場合と、火傷の原因になります。また、施術前の日焼けした皮膚に脱毛器を使用した場合、皮膚が乾燥していると日焼けしていない皮膚に比べて痛みを感じることがあります。

■日焼けしているとどんな影響が・・・
それどころか日焼けしていることで使用できない機器があり脱毛できない可能性もでてきます。
また、機器によっては毛の発生する場所辺りの色が黒いメラニン色素にあて脱毛します。黒い部分に焦点をあてるので、日に焼けた黒い皮膚では他にも黒い部分があり必要以上の皮膚まであたり肌が熱をもちダメージを受けやすいです。

■脱毛には日焼けは大敵です。
ということで、日焼けをしていると、ほぼ施術おこないません。いろんなリスクがあり、危険なことになりますので、日焼けがおさまってからの施術になります。さらに毛周期というものがありますので、タイミングが合わない場合は、脱毛の期間が長くなることになります。日焼けは面倒な相手です。

■日焼け対策
一番は日焼け止めを使用することです。また、吸収がすくない、黒い服を着たり、または、焼けるような場所には行かないよう心がけることになります。家にいても焼けてしまうこともありまますので、日焼け対策の知識と行動はとても重要です。具体的に、サングラスや帽子で大きいつばのあるもの、腕を施術しているのであれば、移動中のみ腕カバーなどの方法があります。

■もっときれいになるために。
脱毛は期間を要します。毛周期があり、人それぞれで異なりますので、計画的なプランが必要になってきます。ですから、日焼けが多い季節などは避け、自分の毛周期など、肌の質や様々なことを、良く調べ知った上で脱毛を行うことが一番きれいになる方法です。

シースリー口コミ